不要なショルダーバックをバラして使えそうな部品をリサイクル

s-DSCN2555

Part removing from shoulder bag

カミさんが、職場の知合いからショルダーバッグをもらってきました。
作りはとてもしっかりしていて、まだまだ十分使えそうな感じで、みたところ随所に本革や
本格的なジッパーなどがふんだんに使われており、かなり高価なバッグのように見えますが
カミさんにはセンスが合わないという事で、使えないそうだ。

あげた本人も「使わなかったら捨てちゃって」という了解ももらっているというので
そのまま捨てるのももったいないという事で、分解して使えそうなパーツを取って置く事にしました。

スポンサーリンク

ワーキングメモ

バラして部品取り

s-DSCN2556

使われていた本革の部分は、面積が小さすぎてあまり使えそうにないので、わざわざキレイに糸を外してとる価値はないと判断して、その他の部品取りに集中しました。

Dカンなどの金具類もサビなどが発生してしまって使えそうにないので、取れた部品はそのほとんどがジッパー類、後はちょっとした内装用の革ポケットくらいになってしまいました。

s-DSCN2557

しかし、このジッパー類は良いですよ〜、金属製のしっかりした大きめのジッパーでレザークラフトにはもってこいの部品になりそうです。

大きなバッグなどの製作にも対応出来そうな質と量で、必要な時に部品として購入するとしてもそこらの店ではなかなか手に入りそうも無い特殊で高価なお値段になりそうなモノです。

いやぁ〜、ちょっとしたお宝を見つけた気分です ♪

製作意欲にも火がつきそうで、楽しみになってきましたよ〜
さて今度は、何を作ろうかなぁ〜なんてね(^^)

あっ、そうだ!
今年中には、カミさんと家族のお財布3個の製作を頼まれているんだったよ~!
うわぁ〜、公約を守れるかな〜心配になってきたさぁ〜(汗)

でわでわ・・・カミさんには頭の上がらないIVYでした。
じゃあ、またね〜バイバイ(^^)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもチェック♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク