VW-Type1オールドビートルスプリットW手動クランクでエンジン始動♪

vw_sp-02

こんなシーン初めて見ました。

今現在の目で見るからこそ、おっスゲ〜!
いいなぁ〜なんて思うけど。

当時としては、こんなシーンは当たり前の光景で、不便きわまりなく
クルマの始動にも一苦労されてたんだろうね。

セルスタートが開発された時には、皆さんさぞ大喜びだったことでしょう♪

今となっては何でも便利になって、世の中は既にデジタルの世界!
クルマの自動運転も現実味を帯びてきました。

そうなってくると、逆にアナログ的なモノにまた憧れを抱きだす
人間って本当に不思議な生き物ですよね。

例えばデジタルカメラ

フィルムカメラが当たり前の時代に、デジタルカメラが発売され始めた頃は
こんな便利なものはないということで、当時持っていたフィルムカメラを
あっさりと手放してデジタルカメラに乗り換えました。

ところが、デジタルカメラが当たり前になった現在では、またフィルムカメラ
を懐かしんで、あの手間のかかる不便なカメラをもう一度いじりたくなる。

そして、あの時カメラを手放したことを後悔している自分が居る。
考えてみると、ほんとうに欲望は尽きないんだな〜なんて思いますね。

まぁ当たり前の日常だからこそ、非日常的なことに憧れるのは当たり前なことだし
フィルムカメラが当たり前であれば、デジタルは非日常であり、クルマにしても
クランクスタートが当たり前だった当時は、セルスタートが非日常なんだよね。

今はそれが、逆ってことなんだね(^^♪

それにしても
いやぁ〜、渋すぎです。

写っているVW Type1もとっても程度よさそうですよね。
しかもスプリットウィンドーはかなり貴重!

でも、こんなクルマを趣味でいじれたら最高だね♪

むかし、VW type1 ビートルにハマっていた
クルマ好きのひとり言でした♪

それではこの辺で(@^^)/~~~
@ivy_marcos32

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもチェック♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク