手縫いのお助けアイテムレーシングポニーの自作

10-pony

レザークラフトで手縫いの補助として使用する、自作のレーシングポニーです。
(こんな簡単な構造なのに、何で市販のものってすごい高価なのか?)

レザークラフトを始めて、勢いで数点も仕上げたけど・・・!

革の材料のカッティングや手縫い作業で、ついつい力が入りすぎて
ほとんどの指を痛めてしまったようです。

仕事にも影響してしまったので、やむなくレザークラフトはしばらく止めていました。

友人からの「どうしても」という頼みでまた再開する事になり
それで今回からは、指の事を考えて作業を始める前にレーシングポニーを
作ることにしました。

初めてこの名を聞いた時、レースをするポニー(馬)かと思ったヨッ(^^;)

この道具を使って、これからは手縫いのときの指の負担が多少は軽減できるはずwww

作業も楽チンそうだし・・・
こんなに簡単な工作ならもっと早くから、自作しておけばよかったつくづく思います。

そしたら、腱鞘炎?にもならず指の痛みに苦しむことも無かったのになぁ~!

スポンサーリンク

材料の調達

ホームセンターで必要な材料を買ってきた♪

02-pony

いつものように必要以外の道具や材料までついつい購入(悪いクセだ!)

03-pony

いきなり完成画像(汗)
作るのに夢中になってしまって、撮影を忘れてしまいました(^^;)

レーシングポニーの固定には
仕事で使っていたカット&パーマ練習用のウイッグを固定するクランプを使います。

修行中に毎日使っていましたが・・・

さすがに今ではもう、そんなには使わなくなってしまいました。
このクランプは他にも数個もありますのでそのうちの一個をレザークラフトに再利用です。

06-pony

台座板は、100均ダイソーで買ってきたまな板状の板をそのまま利用しています。

07-pony

片付けて置いておく場合はこんな感じ

09-pony

ハサミ口の様子。
その後革素材を傷めないようにハサミ口にフェルトを取付けました。

01-pony

使用法は、こんな感じ(^^)
棚や机、作業台等に直接固定も出来ますが
椅子に座って縫い込み作業をする場合は
台座板に固定してその上に座って体重をかけて固定します。

クランプで作業しやすい角度に自由に調整も出来るのでとても便利です。

ボルトの改良

ボルトの開け閉め、やクランプの固定には
別途に道具が必要だったのでちょっと不便でした(汗)

そこで、ローレットナットを作って素手でしっかり固定が出来るように
ボルトを改良しました。

01-pony_b

02-pony_b

03-pony_b

04-pony_b

改良−自動開口スプリングの追加

いちいち挟み口を指で押し広げなくてはならず
素材を固定する場合にこれがけっこう不便なことが分かりました。

そこで、またホームセンターで適当なスプリングを買ってきて改良することにしました。

01-pony_m

03-pony_m

02-pony_m

04-pony_m

ローレットナットを緩めるだけで、ハサミ口が開くようになったので
作業が格段に楽になりました。

さいごに

レーシングポニーを使ってみて、こんなにも作業が楽になるとは思いませんでした。
両手が使えるようになるし何よりも指の負担が軽減されて、まったく痛くなりません。

いろんなサイトでも必ずと言っていいほどレーシングポニーの使用を確認できるほど
必需品だったんだということが、改めて実感することが出来ました。

何で早く作らなかったのかと悔やむほどです。

革細工を始めたばかりでまだ使ったことのない方や
これからレザークラフト(革細工)を始めようと思っている方には
レーシングポニーの使用は是非お勧めしたいと思います。

2008年8月25日製作

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもチェック♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク