プレゼントでもらった大事な腕時計の電池交換とベルト修理♪

GEDV0199(1)

4年前の父の日に娘たちからもらった腕時計です♪
愛する子供たちからのプレゼントなので、毎日ありがたい気持ちで身に着けています。

先日も、いつものように腕にはめて出かけたら、ベルトのピンが外れてしまって危うくもう少しのところで落として紛失するところでした。

ポロっと腕から外れてしまったのをすぐに気が付いたので、失くさずに済んだし、その場にベルトのピンも落ちていたのを見つけたのはラッキーでした。

早速、見つけたピンを差込んでベルトの修復をしてみたのですが、なぜかゴロゴロと緩くなっていて、またすぐに外れてしまいます。どうやらピン自体が破損しているようです。

ちょうど電池も切れて時計も止まってしまったので、電池交換とベルトの修理をしてもらおうと思い、購入した店舗に持って行ってみました。

すると、そこの若い店員さんが「うちではベルトの修理はできません」「買った店に持って行ってください」と言い放った。

「えっ!ここで買ったはずだけど」というと、「あっ、部品は在庫していません」と言い返して、続けて「電池交換したら防水機能が無くなる」とか何とか言い出してきた。

そこで、あっ!要するにあまりやりたくないんだなと判断して、まぁ~、専門店でもないし仕方ないかと、新年早々あまり気分の悪いことはしたくなかったので「そうですか、わかりました」と文句も言わずにその店を去ることにした。

GEDV0012

後日、時計の専門店に持って行ったら・・・!
あっさりと修理OKで、約10分程度で電池の交換とベルトの修理をしてもらいました。

さすが専門店ですね♪

防水機能については、やはりここでもその場の電池交換で裏ぶたを開けてしまうと機能が低下するのは避けられないらしく、別途費用で8日間ほどお預かりして、本社で防水チェックを行って完璧にすることは可能だといっていました。

しかし、特に海やプールに行くわけでもないし簡単な生活防水くらいあればいいので、その場の処理でお願いすることにしました。

ということで、娘たちからプレゼントの腕時計が復活です🎶

rorex

実は、20数年前に買ったロレックスのサブマリーナデイトを持っていたりもしますが・・・!

数年前に自動巻き部分が故障してしまいました。

修理代が基本料金で数万円からと聞いてビビってしまい
そのまま放置状態になってしまっています。

今回、修理してもらった時計は、ロレックスが修理から上がってくるまでのつなぎの時計として、娘たちから貰ったのですが、なぜかその時計のほうが気持ち的に大事になってしまって・・・!

ロレックスは、いまだに修理に出せずにいます^^;

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク