2023年度版 A5 システム手帳用カレンダーリフィル【無料ダウンロード】

2023年度版 カレンダーリフィル

2023度版のA5~A4サイズシステム手帳用カレンダーリフィルが出来上がりました♪

おかげさまで、前回の2022年度版カレンダーリフィルも、これまで同様に
大変ご好評を頂き数千回のダウンロード数になりました。

ご利用頂いた皆様にはこの場を借りて感謝申し上げます。

有難うございました♪

前回の2022年度版では、公開が大変遅れて年末ギリギリとなってしまい
皆様にはご心配とご迷惑をおかけしてしまったので、今回はその反省を踏まえて
少し早めの公開とさせていただきました。

あっ!巷ではもう既に2023年度版のカレンダーが出回っているので
もしかしたらやっぱり遅い方なのかな?

さて今回も今までのものとほとんどデザイン構成は変わり映えしませんが
一点だけ月の和名を追加表示してみました。

たまに「今月の和名は何だっけ」なんて思ったりするときに
お役に立てれば幸いです。

ということで2023年度版も
良かったら、どうぞ使ってやって下さい(^^;)

なおいつものことですが…w
以下からは毎年使い回しの説明となっていますので
ご了承ください。

スポンサーリンク

リフィル概要

見開きのイメージ

Left(左側)のイメージ

出来るだけ大きめのマスにして多くの予定などが書き込めるようにしました。

マスには薄い破線で罫線も引いてあるので
メモや日々管理などもスマートに書込めるはず♪

Right(右側)のイメージ

簡単なTODOが記入できるスペースを右端に配置
下側には大きなフリースペースもあります。

前の月、次の月のマンスリーカレンダーもあるので
月ごとのスケジュールの比較や確認に便利

元気が出る名言、格言を記載してあります。

今後も資料に恵まれればなるべく載せていきたいと思います。

もちろんいつもの「六曜」の表示に加えて
数年前から取り入れて好評だった、一般的な「今月の行事」も表示しています。

表紙、裏表紙

リフィルの表紙には年間カレンダー
裏表紙には2023年度版年齢早見表を付けてあります。

表紙の年間カレンダーは1月から12月までザっと見ることができるので
各月の状況を把握するのに便利だと思います。

特に年齢早見表は単に年齢の確認だけではなく

「昭和00年って西暦何年だっけ?」
「平成00年型のクルマって西暦何年型だっけ?」

等々、西暦や和暦の年号合わせに困った場合にも
とても便利に使えますよ^^

年齢早見表は、下記サイトのデータを参考にしました。

フリーダウンロード

リフィルデータは圧縮zipファイルになっていますので
取り込んだパソコン上で「解凍」または「展開」してください。

「解凍」または「展開」したフォルダーには、右側、左側の
2種類のPDFデータが入っていますので
アドビリーダーなどで開いて印刷してください。

印刷のコツは、左(left)側のPDFファイルの内容の全ページを
一気に印刷した後に、そのまままとめて裏返して
今度は右(right)側の全ページを一気に印刷してください。

その際に注意するのは、最初に左側を印刷して出て来た
13枚のページは絶対にバラバラにしないでください。

用紙指定 A5 も忘れずに・・・(^^)

ご注意:免債事項

著作権の放棄はしておりませんが、ご自由にお使いください。
このリフィルを使用した事で生じた損害や不都合には
一切の責任は負いませんのでご了承下さい。
ご使用のプリンタの種類、印刷モード、インク
ドライバソフトなどにより色や太さに違いが出る場合があります。
データは誤字脱字等十分確認済みですが、万一見落とし
または不備等があった場合はご容赦下さい。

※ 改良のため、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。
※ 加工、再配布、商用利用は禁止とさせていただきます。

ご使用のブラウザーをご確認ください。

ダウンロードできない、またはダウンロードしたファイルが開けないなどのエラーが出る場合は、お手数ですがGoogleクロームに切り替えてご利用ください。

それでもダメな場合は対応策を考えてみますのでご連絡ください。

ダウンロード

“2023年度版カレンダー2023cal.zip” をダウンロード

2023cal.zip – 286 回のダウンロード – 4 MB

ダウンロードされた場合は免債事項に同意したものとします。

プリントアウト参考例・・・

リフィルの印刷方法は以下のリンクを参考にしてみて下さい

システム手帳 A5 サイズ用に作った IVY オリジナルカレンダーリフィル 2014年度版...

このカレンダーはA5またはA4の用紙に印刷して
利用することができます。

自分はA5サイズで印刷して自作のA5システム手帳で利用していますが
A4サイズのノートバインダーのリフィルとしても使えると思います。

A4バインダーで利用したことはないので確かなことは言えませんが…www

ところで、印刷した用紙をシステム手帳などで利用する場合には
綴る穴をあけるパンチなどの道具は必要ですよね。

そこでおススメなのは現在自分が使っている上の画像の6穴パンチです。

 

 

穴の位置を変更できるのでA5以外にバイブルサイズ~ミニサイズまでの
システム手帳に対応していて4段階の穴位置調整が可能です。

既製品のリフィル以外の自作リフィルなどをお使いの場合には
とても重宝すると思います。

それでは…
(@^^)/~~~

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSをチェック♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク