久しぶりに那覇国際通りをお散歩してみた

s-DSCN3563

那覇に用事のついでがあったので、久しぶりに国際通りを見てみたくなり、折角なので安里からパレット久茂地までゆっくりと歩いて散歩を楽しんでみました。

ちょうど歩行者天国が始まっていたけど、あまりにも日差しが強かったせいか、ほとんど歩く人の姿は見えず、照りつける太陽をさけて両端の建物の影に身を隠して歩いているようでした。

日差しも和らぎ涼しい夕方になればきっと、ドッと人が繰り出して
賑やかになるのでしょうね。

それにしても・・・

国際通りに来るのは、数年ぶりだったのであまりの変貌ぶりには
とても驚かされました。

見覚えのない新しいビルや新しい道が出来、近代的なおしゃれな街並になっていて、道行く人の姿も都会的な洗練されたようなファッションの素敵な人たちばかり・・・

自分の住んでいる沖縄市とはまったく様子が違っているので、まるで見知らぬ街に迷い込んだような錯覚に陥ってしまいます。

さすがに観光客のお買い物のメッカとあって、観光客相手の土産物や特産品の店が軒並み立ち並んでいて自分ら地元の人には、各店ともなかなか入りづらい雰囲気というのが正直な印象だ(^^;)

スポンサーリンク

Photo Snap

那覇国際通り

s-DSCN3564

すでに閉店したと思っていた老舗の高良レコード店もしっかり営業していました。

噂では、ネットの影響でCD売上げ等の業績不振で閉店していると聞いていたが、あれはガセネタだったのかも・・・

s-DSCN3565

近日中には廃業すると言われている沖縄三越

三越がまだ「大越デパート」だった子供の頃、那覇の「大越」には、鉄腕アトムやマグマ大使のような人間を助けてくれる本物のロボットが売っていると本気で信じていました。

そんな夢を見させてくれた沖縄で唯一の大型高級デパートの閉店は寂しい限りですね。

s-DSCN3566

はじめて見た、てんぶす館の大型スクリーン
昔、ここは那覇国際ショッピングセンターだったよね。

s-DSCN3567

s-DSCN3579

沖縄で一番有名な商店街といってもいいくらいだね
沖縄の食に関する話題や情報では、本土のテレビ等のロケであまりにも定番で有名な情報発信地だ!

s-DSCN3568

流行の最先端を誇るファッションブランドショップが多く入っていた。

テナントビル「フェスティバル」が「那覇オーパ」になり、今ではドンキホーテになっています。

s-DSCN3569

ベロタクシー

沖縄県のベロタクシーは2004年にNPO ecomo.iが運行開始しました。
国際通りの活性化・福祉・環境活動の一環として2004年5月に那覇市国際通りに導入。

2007年4月から毎週日曜日午後が国際通りがトランジットモールとなり
ベロタクシーは国際通りトランジットモールの公共交通として許可車両となり
地元や観光客にご利用いただいております。(公式ホームページより)

s-DSCN3580

少年の船

大分県より訪れた少年少女の団体さんに遭遇しました。

かなりの数の集団で皆さん心を弾ませ、どんなワクワクがあるのか希望に目を輝かせていました。

皆さん沖縄を思いっきり楽しんでくださいね〜(^^)

s-DSCN3572

パレット久茂地前の交差点側からの国際通り。

折角のホコ天にもかかわらず、まだ全然人がいません。

みんな、照りつける太陽の日差しをさけているようですね。

国際通りは「奇跡の1マイル」と言われていて、全長約1.6kmに戦後の焼け野原から目覚しい発展を遂げたことで有名です。

s-DSCN3571

パレット久茂地

沖縄では数少ないデパートと呼べる「リュウボウ」が運営しており、ショッピングモール等とは少し様子が違い、若干高級なブランドショップ等を数多く入れて差別化を図っている商業施設です。

三越が閉店するとなると沖縄でデパートと呼べるのはここだけになりそうです。

s-DSCN3573

パレット久茂地前の広場。

さすがに暑い中、国際通りの一番端からここまで歩いてくると汗だくになるね。

涼しいビルの影で一休み(^^)

s-DSCN3574

向かい側の県庁前広場では、拡声器やスピーカーを使って何やら訴えている人たちがいました。

11月には沖縄県知事の選挙があるので選挙運動かと思い、聞き耳を立てているとどうやらそうでもなさそうです。

さて何だろう・・・

今までは、こんな街頭演説等には目もくれなかったが、最近、韓流をキッカケに世の中の動きに興味があったので話を聞いてみる事にしました。

すると、街頭でフライヤーを配っていた人が近づいてきて「是非読んでみてください、宜しくお願いします。」と言ってフライヤーを2枚渡された。

th_DSCN3592

Flyer

読んでみると、どうやら知事選候補の翁長現那覇市長への抗議文のようだ。

中でも、那覇市に沖縄ではおよそ似つかわしくない中国のシンボルである龍の柱を建設予定だとの事には驚かされた。

2億5,400万円もの大金をかけて建設予定。
しかも、製作費も地元沖縄ではなく中国に発注するとの事。

何でよ〜!
沖縄ならシーサーまたは鳥居か守礼門だろ!!!
なんでわざわざ中国のシンボルを沖縄に作るのか、意味が分からない

中国からの観光客の誘致というのなら
他の国からの観光客への配慮はどうなるんだ!

こんな事が進行中だとは全く知らなかったなぁ〜
新聞にも載っていたらしいけど、那覇市民は承知しているのだろうか(驚)

これは、那覇市民ならず沖縄県民の由々しき大きな問題だと思うなぁ〜
沖縄県民としては、断固反対だわッ!

貰ったビラにはその他にも翁長市長への抗議文が数多く書かれていて、眉唾な部分も多々ありそうな気がするが、もしも、それが本当なら大変な事になるね。

今後、興味深く見て検討して
慎重に考えて知事選にはしっかり投票させてもらうことにする。

シーサー

s-DSCN3577

やっぱり沖縄のシンボルはシーサーだよね。

s-DSCN3561

モノレール牧志駅前のシーサー

沖縄のイメージはこれだね!
沖縄らシーサー・・・失礼しました(^^)

それでは
@ivy_marcos32

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク