旧ミニ用ドア&ガスキャップ、レザーキーヘッドの製作

s-DSCN2491a

もう2~3年くらい前の古い話だけど、オキナワミニデイというイベントに向けてミニ関連のレザー小物を大量に作ったことがありました。

その時の一つが、このレザーキーヘッドです。

旧ミニのキーは、エンジンキー、ドアキー、ガスキャップキーの3種類を常時携帯が必要であり、ドアキーとガスキャップキーは金属むき出しの飾り気のないシンプルなキーなので少々味気ない感じがします。

そこでレザーでキーヘッドを作ってみたところ、なかなか好評でした。

s-DSCN2490

当時の画像を整理していたら、その時に作ったレザーキーヘッドの詳細なメイキング画像が残っていたので記録としてアップしておきたいと思います。

レザーキーヘッドは簡単な工作なので、その気になれば誰でもすぐに作れると思います。

自分で作ってみたいけど
作り方が分からないという場合には、参考にしてみてください(^^)

スポンサーリンク

メイキング

まずは、型紙から作ってみます。

key-ai

簡単なデザインをイラストレーターで作って普通のコピー用紙にプリントアウト

s-DSCN2435

プリントアウトした用紙を、ボール紙などの厚紙にノリなどで張り付けた後に丁寧に切り抜いて型紙を作る

あらかじめ、縫込み用のステッチホールの印も付けておく。
因みに2ミリ間隔の菱目打ち棒を使かって印を付けました♪

s-DSCN2436

ドアキーとガスキャップキー用キーヘッドの型紙が出来上がりです。

s-DSCN2437

革の材料は、この大量に取っておいた切れ端から使えそうなものを探し出して使います。

s-DSCN2438

革の切れ端にドアキー用、ガスキャップキー用の型紙を当てて適当な材料を選びました。

s-DSCN2440

型取りには、銀ペンという後で消す事が出来る特殊なインクのペンを使います。

s-DSCN2442

材料に裏表必要な分の印を描いていきます。

s-DSCN2444

カッターはオルファなどの市販の普通のカッターでOK

s-DSCN2448

ガスキャップキーヘッド一個分(裏と表)の型取りが完了!

s-DSCN2445

表側のステッチホールは、そのまま型紙を素直に当てて印をつける

s-DSCN2447

裏側は、型紙を裏返して印をつける。
そうすることで、裏と表のステッチホールの位置がピタリと合うはずです。

s-DSCN2451

小物の場合、自分はほとんど千枚通しでステッチホールをあけています。
本来なら専用のヒシ目打ちを使ったほうが良いはずだけど、穴が大きすぎるのが気になってしまう(^^;)

s-DSCN2455

キーリングの穴もポンチであけておく。

s-DSCN2456

ステッチホール、キーリングホールともにピタリと合っています♪

s-DSCN2458

ヘリ落しという道具を使って材料のヘリに丸みを付けます。

s-DSCN2460

裏表のそれぞれの革材料のヘリに丸みが付けられました。

s-DSCN2462

縫い込み開始!
糸はシニュー糸(1/3分割)を 使っています。

IVYの自己流レザークラフト製作テクニックの紹介 今回は、レザークラフトのプロの職人さ...

最初の縫い込みは、糸を2重巻きにして強度を持たせる。

s-DSCN2463

s-DSCN2464

交互にどんどん縫い進めます。

s-DSCN2465

途中で糸が切れる場合があるので、糸の先端をライター等でアブって糸を付け直す。

s-DSCN2467

s-DSCN2468

縫い込みの最後もふちを2重に巻いて補強する。

s-DSCN2469

2目くらい戻し縫い♪

s-DSCN2470

s-DSCN2471

裏と表の革の間から糸を出してフィニッシュ♪

s-DSCN2473

ギュッと軽く結んで、少しだけ糸を出して余った糸をカット!

s-DSCN2474

飛び出した糸をライター等でアブってギュッと潰します。

s-DSCN2475

潰した糸は爪楊枝等で中に押し込んで隠してしまいます。

s-DSCN2476

縫い込み完了♪

s-DSCN2477

重ね合わせた革材料には段差があるので修正します。

s-DSCN2478

ヤスリの登場♪

s-DSCN2480

ガシガシ削って面一にします。
こんな感じかな(^^)

s-DSCN2481

s-DSCN2484

ヘリ(コバ)処理専用剤のトコノールです♪
更にヘリを磨く専用の道具を使っています。

s-DSCN2488

トコノールを擦り込んでひたすら磨き込み、こんな感じになったら良いでしょう(^^)

s-DSCN2489

早速、出来上がったレザーキーヘッドをドアキーに取付けてみました。

th_DSCN3687

こちらは取付けてから既に数年経ったガスキャップキーです。

ヘリの処理が甘かったのか少し毛羽立ってしまっていますが、また同じようにトコノール等の処理剤を擦り付けて磨けば元通りに奇麗になります。

s-DSCN2493

s-DSCN2495

ちなみに・・・

ガスキャップキー用のキーヘッドは、偶然にもマンションやアパートのドアキーにもぴったりサイズですね♪

th_DSCN3688

このデザインの難点はキーリングホールが奥にあるため、キーリングを大きく広げる必要があります。

無理やり取付けてしまうと
お気に入りのキーリングを破損してしまう恐れがあるので、100均で売っているネームホルダー等に使われている柔らかいキーリングを間に入れると安心です。

でわでわ・・・IVY

レザークラフト
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSをチェック♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク