ローバーミニの内装にインテリアライトを取付けてみる♪

intelialight-001

インテリア・イルミネーションライトの取り付けよう♪

現在のアイビー号のダッシュボードです。
古き英国車らしく無駄な電飾は無く、夜になるとクーラースイッチとオーディオのスイッチ類以外は、全く何も見えなくなる。オーディオもOFFにすると真っ暗闇だ!

intelialight-013

今回、カー用品店で写真のイルミネーションランプを購入!

配線を目立たなくするために一旦シガープラグと分離した。
因みに定価¥1980が、特価の¥1280

スポンサーリンク

ワーキング

intelialight-006

壊れた傘の骨(ステンレス平棒)を利用して配線可能な隙間を探しだして、ライトのコードを引き込む。

intelialight-014

見たところ、配線可能な隙間はダッシュボード左端の鉄板開口部しかないようだ!
写真を撮り忘れて作業が終了している為、上の画像を参考にして欲しい。

intelialight-002

ランプを付属の両面テープで接着して、コードを隙間に埋め込んでいく。
埋め込むときにボードやウレタンに傷をつけないように小学生の粘土細工用のプラスチックヘラセットを使用した。

intelialight-003

ここが唯一の一番左端にあるパネルの開口部分。
クーラーカバーを外すと見えてくる。
だいぶ以前にこの場所のクーラーへの電源を利用してシガーソケットを取り付けたことがあるので今回もそれを利用することにした。

丸印は、アースに利用したボルト
矢印は、引き込んだライトのコード

ここで、大失敗を演じてしまった。
テストのため直接、引き込んだコードを電源に接続してみたところライトが一瞬パッと点いて切れてしまった。

シガープラグ側で電圧調整されていたみたいだ!
くっそ~ショックゥ~!一瞬でパーだぜ!

気を取り直して、新しいものを買ってきた(T_T)

intelialight-012

同じように、配線処理をして新しいライトを両面テープで取り付ける。
コードも目立たない位置にしっかり埋め込んでおいた。

intelialight-009

シガーソケットを介さずに直接電源に接続するつもりだったけど、前回の失敗で懲りたので、切り取ったシガープラグを再接続!クーラーの下側奥のパネルにシガーソケットを両面で取り付けて、同じくクーラーへの電源を取り込んでソケットに接続する。
後は、ライトのシガープラグを差し込んで完了した。

intelialight-011

最初に、取り付けた位置があまり良くなかったので、右側に移動!
下のパネルを照らすのが目的なので中心線を合せるように取り付けた。

Interior illumination light

intelialight-015

おおぉ~っ!いい感じだね~!
何で今まで、こうしなかったのかな~?
やっぱ、食わず嫌いはよくないね。

intelialight-005

ずっと以前に取り付けたシガーソケットは、今回インテリアライトで使用により、クーラーの下側に移動したので、ここには新しく3連ソケットを取り付けた。
今度、あと数個の電装品の取付けを計画中なのでその時のための準備だ!

intelialight-007

ソケットもイルミネーションで位置がわかりやすくなって、とても上等!
何だか、夜のドライブが病みつきになりそう・・・!

おしまいに

ということで、思わぬ失敗があって
無駄な出費と。時間もかかってしまったけど
なかなか、いい感じに仕上がったので良しとしましょう。

2006年6月4日
ローバーミニドレスアップ作業記録より

※この作業は、以前に所有していたローバーミニに施したものです。
まとめとして、こちらに記事を移動しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク