そうだ!100均の自撮りライトをプラモデルの撮影に使ってみよう♪

先日、たまたま立寄った100均ショップで、ちょっと気になるグッズを見つけたので即買いしてきました。

画像は、そうです自撮り用のライトとLEDライトスタンドです。

今や女子のマストアイテムとなった自撮りライトは、あるファッション雑誌の付録で人気に火が付いて「自撮りがかわいい女子は持ってる!」ということで、女性を中心に話題が集まったそうですね。

そんな自撮りライトをゲットです(^^♪

えっ!「いい歳したオッサンが自撮りとかすんの?」って?
いやいや、まさか、まさかですw

これは、プラモデルの撮影に使ってみようかな~って思って…
100均で見た瞬間にビビッときて、おもわず数個買ってしまいました♪

あっ、ハイサイ(✿✪‿✪。)ノ
毎日暑いけど、みなさんチャーガンジューですか~(^^♪

ご挨拶はそこそこに、実はここ数ヶ月間、プラモデルクラブ「やま会」に出展される素晴らしい完成品の撮影にことごとく失敗してるんだよね。

今までは、あまりそんなことなかったのに新しいデジカメに変えてからは毎回失敗の連続で、せっかくの素晴らしい完成作品の記録写真がすべて台無しです。

失敗した写真です💦

これは、完全に手振れなんだけどねwww
薄暗い照明でムードある喫茶店のテーブル撮影に、より明るく撮ってくれようとカメラが頑張ってシャッタースピードを遅くしてくれているのに、自分の腕がついていけなかったのが、何よりの原因だよね(;^_^A

なら3脚をと思うのだけど、大きな一眼レフ用の3脚を持っていくのも大変だったし…!

小さな3脚を買おうか?、今度はこうしてみようとか、ああしてみようとか色々と考えていたところだったので、そんな折に100均でこの自撮りライトを見た瞬間に「おっ!これを試してみよう」と思いましたよ。

本音としては、いろんな角度からバシバシ撮りたいので、やっぱり3脚はチョットめんどくさいし、少しでも明るくすれば「シャッタースピード」も速くなって手振れも軽減できるのでは?…とか思ったりしてね(‘ω’)

で、即買いしてちょっと試してみました。

スポンサーリンク

インプレッション

自撮りライト

iPadに装着してみる♪

自撮りライトなので、その名の通り本来は内側(こちら側)に向けて使うけど、あえて外側に向けて使ってみたいと思います。

下の画像は、LEDライトスタンドを一個だけ使って撮影してみました。

iPadで撮影

一目瞭然!
ライト無しと、ライト有りではこんなにも違いますね。

デジカメ CANON A100 で撮影

まだ新しいこのデジカメの場合は、さすがに高性能らしく、ライト無しでも割と明るく撮れるようです。

でも、やはりその分手振れが発生していますね。文字などがぼやけてしまっています。

LEDライトスタンドを使用すると、メリハリが効いて、文字もはっきり読める程にクッキリと撮れました。

LEDライトスタンドを2個使用して撮影

かなり古い機種の NIKON COOLPIX S51c で撮影

電球のもとでの撮影ですが、LEDライトスタンドを使うと、電球特有の赤みも抑えられてイイ感じだと思います。

このカメラの場合は、撮影した後でいつもカラーバランスで赤みの修正をして、写真を使っていたけど、ブログ画像くらいであれば、もう必要ないかもです。

おしまいに

ということで、今回買ってきた自撮りライトなどの撮影グッズをチョコっと試してみましたが、出先でプラモデルなどの小物撮影に簡易的な撮影ライトとして有効的に使えそうだということが分かりました。

次回のプラモデルクラブ「やま会」では、撮影に失敗する気がしなくなったので、本当に楽しみになりました。

いい写真が取れることを願って…今回はこんなところです♪

じゃぁまたね~(@^^)/~~~
@ivy_marcos32

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク