MacOSX 付属の魔法のマジックマウスに付いて考える

mouse

iMac を購入した時に標準でついてきたマジックマウス(Magicmouse)
何の前情報も入って無かったので、初めて見た時には、これまた、女うけしそうな斬新なデザインで
さすがはアップルだなぁ~

どうせまた、シングルクリックでコンテクストメニューは、controlキーを押しながらの
クリックなんだろうなぁ~位にしか思ってなかった。

数年前・・・
といってももう10年以上は経ってるのかなぁ~
仕事用にMac-G4を手に入れた時に付いていたシングルマウス

mouse1
( G4 に付属していたシングルマウス )

その時も、斬新なデザインという事で世間が騒いでいたような気がする。

でもやっぱり、ちょっと使いにくくて便利な2ボタン式のマウスに買い替えてしまい
折角の可愛いマウスは使う事無く引き出しの隅に追いやられてしまった。
Mac-G4 以前に使っていた「パフォーマ」の時もそうだったし今回も、また同じ運命なのかな
なんて思っていた。

ところが・・・スゴイ機能満載で、ネットでも、絶賛の嵐!

MB829

こんなのっぺりとしたUFOみたいなボディーで2ボタン、3ボタン以上のいろんな事が出来る・・・
名前の通りの「魔法」のようなマウスだ

この目を見張るような驚きの進化!
よくもこんなものが作れたもんだと感心してしまった。

しかしながら・・・
MagicMouseの凄さには、全く異論は無いが

多機能は時に、非常に不便で使いづらいものだ ( ̄_ ̄ i)

s-DSCN2214

ファインダー操作、ファイル操作、ネットサーフィンなどではとても便利に使えるけど
原稿を書いたり、文字の入力中などキーボードからマウスに持ち替えようとした時に
敏感なセンサーが反応していきなり画面が上下左右にスクロールしてしまう。

特に、DTPや写真修正などの繊細な仕事中の場合、センサーが敏感に反応してしまい
画面がフワフワ動いてしまってまるで、宙に浮いた画面で作業しているようだ。

ちょっと気を抜くと作業中の画面がどこかに飛んでいってしまう
これでは、全く集中できないし仕事にならない

現に今この文章を書いている最中でもマウスを触ろうとすると画面が上下にスクロールしてしまうので
入力中のカーソル位置を探しながらの不便な文字入力作業を強いられている状態だ!

こんな状態なので、何とかならないものなのかとネットで解決策を探しているのだけど
機能を拡張して更に便利にする記事はあっても逆に、機能を制限するような記事が見つからない。

この魔法の「MagicMouse」
一般的にはお洒落で多機能ということで賞賛され、とても受け入れられているようだけど・・・
IVY的には、遊びにはカッコ良くて最高だけど仕事にはまったく使い物にならないし
細かな編集作業には、非常にストレスを感じている

慣れの問題か・・・

イヤイヤ、機械はすぐ使えてナンボ
便利なはずの道具・・・
それでは意味が無いし、そういう問題ではないと思う。

プロのクリエイターなどの現場ではどんな評価を受けているのだろうか?

結局、また今回も編集作業用にもう一台、普通のマウスを購入する羽目になってしまいそうだ・・・

2010年01月27日(水)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク