ナロードビームでベタベタシャコタンビートルType1を発見

th_P1000063

うぉー、何ですか〜このビートルは〜 

まるで、車の専門誌から飛び出て来たようなビートルに遭遇しましたよ〜♪
写真やカー情報誌などでは、よく見たことはあったのですが、公道で実車を
見たのは初めてだ!

かなりナロードされて、車高は地面すれすれのベタベタ状態!
アロイホイールもスゴく似合っていてカッコいいね〜
しかも、マニア垂涎のオーバルウィンドーでキャンバストップの貴重な
Type1ではないかwww

もしも本物であれば、おそらく1956〜59年型くらいなのかなぁ(^^♪

Type1のこの流れるようなラインがたまりませんね
特にこの時代のビートルが一番美しいと思うのは自分だけかな?

年式が新しくなるにつれて、フロントやリアのフードがどんどん短く
マイナーチェンジされてラインが崩れてしまったのはとても
残念で仕方ありません。

レストアの途中なのか?
所々の板金パテ処理がまた渋いよね〜

オーナーさんは、20代後半から30代前半くらいの今風なオシャレで
ちょっとトッポい感じの人でした。

このような改造趣味にとても似合っているような
キャラのお兄さんでしたよ ♪

スポンサーリンク

VW TYPE-1 OVAL

オーバルウインドーがイイですね〜♪

th_P1000064
ビートルファンなら是非一度は所有してみたい年式のビートルです。

これより前のスプリットウィンドーは、もうほとんど手に入らないん
じゃないかな?

古くなればなるほど、マニア心をクスグルのはビートルならではですね 

それにしても、このリアタイヤのキャンバーはスゴいねぇ〜
タイヤの片ベリが気になるところだけど・・・
それは覚悟の上だろうし、そんなのを気にするのは無粋というものか(^^)

th_P1000065

いやぁ〜、それにしても低い!
ドライブインとか、コンビニやスーパーなどに入るのがとても辛そうだね。
この低さで、公道を走る勇気に敬意を表したいね(^^)

室内の様子などもとても気になったけど、あまりじろじろ見ていると
オーナーさんに怒られそうなのでこれくらいにしておきました。

しばらくして、オーナーさんが帰って来て、涼しい顔でオモムロに乗り込んで
去っていきましたが、案の定、この先の道路のスピード制止用の盛り上がりに
引っかかって思いっきり腹をこ擦っていきましたよ〜

そりゃ〜もう大きな音を立ててね!
大変そうだね・・・アハッ!

まぁ〜、どんないじり方にせよ
その人の趣味なので、それはそれで大変素晴らしいと思います。
若者の車離れが叫ばれて久しいのですが、スマホの最新アプリ自慢で
周りを出し抜くよりもよっぽどカッコいいさぁ〜!

自分も車をいじるのがとても好きなので
たとえ、それが自分の趣味に合わないどのようないじり方の車でも
こういう破天荒な車を見ると本当にワクワクして、テンションも
上がってしまいますね。

オーナーさん、これからも頑張ってね〜 

でわでわ、昔ビートルに狂ったIVYでした。
じゃぁ〜ね〜、バイバイ(^^)



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSをチェック♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク