16/12やま会レポ!スケールとキャラクターモデルそれぞれの魅力を味わう♪

s-gedv0003-3

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡

12月のやま会レポです🎵
今年もとうとう最後のやま会となってしまいました。

本当に早いです〜
アッと言う間に歳を取ってしまいました。

そして結局今年は、何にも作れませんでした。
自分の完成作品はゼロです。

なさけねぇ〜(^^ゞ

毎回完成品を披露してくれるNさんを
少しでも、見習わないといけませんね♪

さて、今回もいつものようにいつものメンバーが集まってくれました。
みんな元気で何よりです。

でも、もう3ヶ月も欠席している中さんは、気になるところだけど・・・w
まぁ、お仕事も忙しそうだし、きっとそのうちにテレ笑いしながら
顔を出してくれるだろうから心配は無用かな?

ところで、今回も相変わらずプラモの話から、他愛のない世間話
アイドルネタのミーハーな話に花が咲きました。

でも、何といっても完成品を目の前にして語られる製作過程のエピソードを
聞かせてもらうのが、一番の醍醐味だね☆彡

スポンサーリンク

今月のプラモデル完成作品

スケールモデル

s-gedv0005-2

Honda RC166 GP レーサー
タミヤ1/12 オートバイシリーズ No.127

rc166
キット(HONDA RC166)の詳細をアマゾンで調べる

キタ――(゚∀゚)――!!

ついにこのキットを作ってくれる人が現れた♪
バイクマニア、特に旧車好きには外せないRC116 レーサー~!!!

ストレートで組んでも素晴らしい仕上がりになるらしいけど、
更に、チョ~精密に仕上げるためにオプションパーツも
ふんだんに用意されているのは、それだけマニアの要望に応えるという
タミヤの意気込みがうかがえますね。

タミヤ渾身の秀逸キットだと思います。

そんなタミヤのバイクを、もちろんエッチングやオプションパーツの
フルセットで製作に臨んでいるそうです。

まだ未完成だけど、製作途中でも精密感が半端ないです。

実は、参加メンバーの微波さんの依頼でNさんが代理製作しているキットだけど
これについてはたくさんのエピソードがあるのでその話は完成したときのために
取っておきます。

Nさんの話では、今は極小のエッチングパーツでひと駒づつ組んでいくという
とても手間と時間のかかるチェーンの製作に取り掛かっていると言っていました。

頑張ってくださいね~、完成が本当に楽しみです(^^♪

s-gedv0006-2

YAMAHA YZR500 (OW70) 
ストレートラン・ライダー(タミヤ 1/12スケール プラスチックモデルキット)

昔のキットはライダーも付属していましたね♪
今から思うと、チョ~お得感バリバリです~!

箱には当時のお値段¥1,300の値札もそのままです!
現在は、アマゾンで¥9,800www!・・・なんとも素敵なお値段(^^♪

完成作品は当時憧れた、マルボロカラーでツヤツヤ塗装の
素晴らしい仕上がりです。

やっぱりレーサーもカッコいい♪

s-gedv0007-2

スカイラインRSターボ
西武警察1号車 アオシマ1/24

s-gedv0009-2

赤城

s-gedv0010-2

ユキカゼ

キャラクターモデル

s-gedv0016-2

ガンダム グシオン
ガンダム バルバトス(白)

s-gedv0018-2

ガンダムシリーズ グシオン VS バルバトス(白)

劇中の対戦シーンを再現したジオラマ
ベースは、フォトフレームに紙粘土で地面の隆起など作り、表面には煙草の灰などを利用して荒廃したイメージを表現しているそうです。

自分はまだ作ったことがないけど、キャラクターモデルは、想像を掻き立てられ自由に表現できるのが、また楽しいのかもしれませんね。

s-gedv0019-2

BIG ZAM(ビグザム)バンダイ 1/400

昭和の自分には、ウルトラマンシリーズ?
特にウルトラQに出てきそうなカニのお化けにも見えるけど・・・(”^ω^)

これって、ガンダムファンからすると、かなりのレアもので
キットが出ること自体に「大変に驚きだ」と話題になったそうです。

作者のHさんによると
一部だけの塗装で、他はほとんどプラの成型色のままだと言ってました。

塗装無しでも、こんな風に仕上げることが出来るのは
さすがのバンダイといったところですね(^^♪

s-gedv0011-2

Gアーマー (機動戦士ガンダム)
バンダイ(1/250) 未完成

s-gedv0015-2

ベースジャバー
バンダイ(1/144)未完成

資料

s-gedv0014-2

蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- Blue Score
(ホビージャパンMOOK 730 2016/11/4号 ※ アマゾンで調べる

巻頭の1/350のヤマト+401の作例は見事!
製作で使える各艦の六面図も載っているので、アニメファン以外に、艦船モデルファンにもヤマト製作の参考書としても十分に見応えがあると思います。

アオシマ製1:350スケール「イ401」や、1:700スケールでも超戦艦ヤマト、超戦艦ムサシ、そして大戦艦ヒエイをはじめとした「霧の生徒会」が勢揃い。

また劇場版仕様の大戦艦コンゴウや重巡タカオ、ハルナ・キリシマ合体戦艦など劇中に登場する主要艦艇がほぼすべて製作されているので模型製作How to本として評価が高い。

以上、皆さんが持ち寄った完成または未完成作品の数々でした(^^♪

いやぁ~、やっぱりいいですよねプラモデルってwww
ディティールにこだわった精密な製作テクニック!
そしてリアルな塗装には、いつも感心させれます。

プラモキットは、コレクションとしての積みプラモでも
それはそれで、それぞれのその人なりの趣味なので、悪くはないけど

完成作品を目の当たりにすると
やはりプラモデルは、完成させてなんぼって思うね(^^♪

おしまいに

ところで、自分はもう全く作らなくなって久しいけど、みんなの話にもそろそろ
ついていけなくなっているような気がする~~www

ヤバいなぁ~(;^_^A

いやでもね、最近はすこしづつだけど、なんか作りたいという気持ちが
日に日に盛り上がってきているのは実感していますよ〜♪

思えば、ちょっと前にも放置してあった、ミニバイク「ゴリラ」を再開したものの、細かい作業に目がついていかないことと、あまりにも腕は落ちてしまっていることに驚愕して2重のショックで手が止まってしまいました。

なので今度は、初心に戻って・・・
つーか、もう全くのビギナーに戻ってしまっているのでまた一からやり直しのつもりで簡単で、今一番やりたいものを作ってリハビリを兼ねてみようと思います。

でも、簡単なモノでもこだわると簡単ではなくなるのがプラモの世界!

特に今は、ディティールにこだわるのはやめて、ただ単に組み立てと
キットが形になっていく楽しみを味わいたいなぁ~

それと、小さな情景のビネットとかバリバリに汚したウェザリング塗装とかサ
前々から、気になってやってみたいと思っていたんだよね。

もちろん、出戻りがいきなりそんな高等テクニックなんて無理があると
思うんだけど・・・!

まぁ~、どうなるかはわからないけど
とにかくまずは挑戦してみてからあ~だ、こ~だと
考えてみるということで、近日中には、始めたいと思っているさぁ~(^^♪

ということで、今年最後のやま会レポでした。
今年もたくさんの完成作品を見せてもらって、感動させられたし
とても楽しいユンタクの会だったことは間違いないです。

みなさん来年もまた、ヨロシクしくね(^_-)-☆

それでは今回はこの辺で
じゃぁ~またね(@^^)/~~~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク