那覇エアーフェスタ2016 / 航空自衛隊那覇基地のお祭りに行ってきた♪

美ら島エアーフェスタ2016
航空自衛隊那覇基地(空の祭りだ!!)

去年の12月に行われた航空自衛隊那覇基地の美ら島エアーフェスタですが・・・!
年末でバタバタしてすっかり忘れていました(*´з)

先程、写真を見つけてかなり焦ったさぁwww

ということで、今更ですが備忘録として記録しておきます。

 

開催:2016年12月10日(土)、11日(日)
場所:航空自衛隊 那覇基地

今回の見所

①初の2日間開催
②格納庫コンサート
③時間も延長して初のナイトフライトとプロジェクションマッピング

そして何と言っても
エアーショーでしょう♪

実は、航空自衛隊の基地祭を見に行くのは、今回が初めてでした(;^_^A

沖縄市から那覇基地までの、アクセスに関してはどうすればいいのか
少し不安だったけど、幸いにもプラモデル仲間から事前に基地までのアクセス方法を
レクチャーしてもらったので、その教えに従って行動しました。

もちろん、チラシやネットで詳しく案内されていたと思います。

でも、仲間からの情報だけを信じて分かったつもりになっていたので
今回はその他の方法を調べることはしませんでした。

ということで、後で買い物の予定もあったので、近くの大きなショッピングセンターに
クルマを止めて会場に向かいます。

もちろん、長時間駐車になってしまって、悪いなぁと思ったけど
帰りにはしっかりとたくさんの買い物をして帰ったから、大丈夫だよね♪

でも、そこから自衛隊基地までは思った以上に遠かったさぁ~。
情報では、約15分くらい歩くと聞かされていたけど、小さな子供を抱っこしては
果てしなく遠く感じてしまいました。

目の前にはモノレールの駅があったのに、このモノレールを利用すればいいことに
後で気が付いた時はショックだったなぁ~(*´з
)

シニ、難義した~!!!

スポンサーリンク

那覇基地ゲート

やっとの思いで、ゲートに到着しました♪

自衛隊基地内に入るのは初めてなので、ワクワクしますね♪

なんと!会場は、この先の遥か彼方です。

やっと基地にたどり着いたのに、まだ歩くの〜
頭がクラクラしてきた^^;

本日は、開催2日目、12/11(日)で午後4時までとチラシにはあります。

他の用事と重なってしまって、それを済ませた後に、大急ぎで来たけど
時間はすでに3時半を回っていました。

さすがに帰る人でいっぱいです。

もう間に合わないのかと、焦る気持ちを抑えながら
帰る人の波を押し分けながら、先へ進んでいきます。

会場入り口付近には、さらに黒山の人だかりが出来てます。

どうやら、このあたりに集中していた出店が、閉店の準備に入っていたので
なくならないうちに、なにか美味しいモノにでもあり付きたかったんですね(^J^)

ひたすら歩き続けて、何とか会場にたどり着きました。
既にちょっとバテ気味
お孫ちゃんを連れては、ヤッパたいへんだわ(*^^*)

それにしても、まだ人がいっぱいで4時に終わるという雰囲気ではないです。

ヨカッタ~!
間に合って(^^♪

フォトスナップ

エアーフェスタ会場の様子です♪

下手な写真ばかりでスミマセン(*´з`)
でも、少しは伝わったかなぁ~!

いやぁ~やっぱり、ヘリとか飛行機ってカッコいいですね~♪
間近で見ると、迫力満点です。

他のモノも普段は、見ることのないものばかりでどれを見ても
ワクワクしてしまいました。

もちろん、大空を舞うエアーショーもヨカッタですよ〜。

それも一応、撮影はしたけど、見せられたものじゃないのでカットしました。
やっぱり、自分のしょぼすぎるカメラでは撮影は無理www

それにしても、米軍基地とは雰囲気が全然違いますね。
なんかこう、景色がすっきりしているように見えるし、なんといっても
飛行機や車両、その他の機材などがとても綺麗なのには驚きました。

さすが、日本の自衛隊ってところですね。

聞くところによると那覇空港は、自衛隊と民間の共用空港なので
陸海空JCG海保、そして、民間の飛行機を一度に見られる日本唯一の
滑走路ということで大変な人気らしいですね!

その基地内に入れるのは、この時しかないので
この日を待ちに待った航空ファンが全国から集まってくるんだそうです。

戦闘機ファン、民間旅客機ファン入り乱れたこの光景は、今まで見慣れていた
米軍基地のフェスティバルとは、また何かが違うような感じがしました。

陽も傾き始めて、そろそろ帰る時間にはこの「人・ヒト・ひと」の黒山!
凄い混雑しています。

これも、自衛隊の人気ぶりの表れなのかな^^

それにしても、またこの長い一本道を歩いて帰るのかと思うと
気が遠くなりそう。

思った以上に楽しかったです♪
来てヨカッタ〜♪

また来年を楽しみにしたいと思います。

昨日の1日目は、夜まで延長してコンサートや
プロジェクションマッピングなどでも盛り上がったようなので
観れなかったのは少し残念かな(*^^*)

なので今度は、前もってもうちょっと計画的に行動したほうがいいね^^

モノレールに乗る

那覇基地ゲートの近くにあるモノレールの駅です。
行くときにはその存在を知らずに、ずっと歩いたけど・・・!

一駅だけの区間でも、帰りにはしっかり利用しましたよ〜♪
もう歩くのはイヤだ~((+_+))

実は、何となんとモノレールに乗るのは初めてです。
開通して何年にもなるのに〜〜!

コザの人間は利用する機会がほとんど無いので、自分たちに取っては
全く関係のない公共交通機関です。

へぇ、駅から見える街はこんな感じなんだ〜!

初めて見る駅の風景!
なんだか、本土に居るような不思議な感じです。

数分後に滑り込んできたモノレール車両!!!

初めて乗った感想は、といっても次の駅までの一駅だけの乗車だったので
感動も少なかったし何を書いたらいいのか分からないけど・・・!

まぁ〜、本土で乗った電車とほとんど変わらないって感じかな。

おしまいに

それよりも今回、非常に驚いたのは

フェスティバル会場で、ほとんど初めて見たと思う
本格的なカメラ小僧たちの実態です。

カメラ趣味の人たちを、子どもでもおじさんでも「カメラ小僧」
というらしいですね。

よくテレビなどで、線路のわきでカメラをセットして珍しい電車などを
撮影している大勢のファンが並ぶ光景をみたことがあるけど・・・!

しかし、

何ですか〜〜ッ!
あの凄すぎるカメラ機材の数々は?

約30センチ以上もあるような大口径で、しかも長さが1メートル近くも
あろうかと思う、ものすごいレンズを装着したカメラを何台も抱えて
それにも飽き足らずに、同じようなレンズ付きカメラを奥さんや子どもにまで
持たせて歩いていた家族を見てしまいました。

そればかりか、それに引けを取らないような機材を持って、歩いている
または、撮影している御仁や、女性がその辺にゴロゴロと!

レンズだけでも百万円以上はするのではないかと思われる機材を
個人で数個も持って歩いている人々が、その辺で大勢がウロウロ
歩いているなんて、全く信じられない光景でした。

これが本物のカメラ趣味の世界なのかと驚きを隠せませんでした。

まぁ〜、ゲスな疑問だけど!
彼らは一体、どんな写真が撮りたいのか?
一体、何処に向かっているのだろう?

自分が撮った写真(このブログの写真)は、彼らの目には
どう写るのだろうか。

ちなみに、このカメラで撮りました。

娘が、パズルの懸賞で当てたカメラです。

たぶん安物の外国製だと思います。
自分はまだスマホを持ってないので、仕方なく普段はこれを使っています。

し、しょぼすぎ〜〜!

まぁ〜、どおりでね!っていう感じですかね^^;

ということで、楽しい一日でした(^^♪
俺もカメラ小僧になりたいwww

それではこの辺で (@^^)/~~~
@ivy_marcos32

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク