とげ抜き!精密ルーペを利用したチョ〜便利な簡単裏技

指に刺さった不快なとげ

みなさんは、指などに小さな木片や草花のとげが刺さった時には
どんな対処をしているのだろうか?

あれって放置しておくとチクリチクリと不快だし
小さくてなかなか抜けない時ってホントにイライラしてしまいます。

自分の仕事上では、カットした微細な髪の毛が指に刺さる刺さる!
カットした髪の毛は、先端が鋭く尖っているので指によく刺さってしまうのです。

それがまた、凄く小さいので肉眼では見えにくい場合もあるし
あまりにも小さすぎて、普通の毛抜きで掴めないこともよくあります。

かといって、放ってはおけないし、病院に行くほどでもない。

そこで自分の場合は、画像のような精密ルーペを利用して対処しています。
自分にとっては、とても便利な裏技だと思っているので紹介しますね♪

「なぁ〜ンだ!」なんて思った場合は許してね(^^♪

スポンサーリンク

ひと工夫

オリジナルとげ抜きセット

用意したのはこの3点です。

20倍+10倍のレンズが付いた精密(鑑定)ルーペ

プラモデル工作などで使っている精密ピンセット。

そして今回のキモになるルーペを固定するための台座(^^♪

この台座は、半田付けの時に使うハンダ作業用スタンドですが、いつの間にかその他のパーツが取れてなくなってしまっていたので台座だけを利用してクリップスタンドとして自作しました。

これに、精密ルーペを固定して20倍のレンズから覗き込んで
小さなとげを抜いています。

さすがに20倍ともなるとバッチリ見えるのでほとんど一発で刺さったトゲを抜くことが出来ます。

抜けた時の気分は、それはもう爽快ですね(^^♪

でも最近では、レンズ付きのハンダスタンドも売られているようなので
ちょっと工夫すれば、そっちのほうが便利かも知れませんね

とげ抜きには、いろんな方法があって、その1つの方法としては5円玉や50円玉の穴の開いてるコインでトゲの刺さった部分にコインの穴を押し当ててトゲを浮かせて抜き取るという方法もあるようです。

どちらの方法がいいのかは、それぞれにお任せいたします。

それでは
@ivy_marcos32

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク