沖縄の基地イベント普天間基地フェスティバル2018

ハイサイこんにちわ♪
何かと忙しくてしばらくブログを休んでいました。

気が付けば、撮り貯めた画像もいっぱいになってきたので
ボチボチ整理してみようと思います。

言わずもがなですが、沖縄には米軍基地が多くありますね。
沖縄本島各地にある米軍基地では、それぞれの基地が年に数回
独自のイベントを開催しています。

まぁ、沖縄では米軍基地についてはセンシティブな事案として
様々な問題も根強く抱えていますが、そんな政治的なことは
ここでは無視しておきます。

さて今さらですが、7月に行われていた普天間基地フェスタに行って来た時の様子などを記録しておこうと思います。

スポンサーリンク

普天間フライトラインフェア2018

時間の都合で、昼間のほんの少しの時間だけしか滞在できなかったのは残念!
知り合いに聞いた話では、夜の方がとても面白かったらしく、有名バンドの演奏や、プロジェクションマップに豪華な花火ショーなどでとても盛り上がったらしいです。

ええ~っ!
なんかスゲ~後悔って感じwww
せっかく行ったのに、一番おいしいところを食べ損ねたような気分!
昼間はクソ暑かったのに~( ;∀;)

なんてねw

まぁ~でも、夜は飛行機もクルマもよく見えないもんね~
自分は、それを見るのが目的だったんだと言い聞かせておきましょう(*^^*)

初めてのオスプレイ

今回初めて、間近でオスプレイを見て内部も見学してきました。

内部の撮影は禁止されていてたので、内部の様子を画像でお伝えすることはできませんが、さすがに軍用機らしく内部はガランと殺風景で豪華な座席などは一切無く、壁際に折り畳み式の椅子が備えられているだけでした。

洋画で見るような戦闘に向かう軍用機内のシーンそのものです。
確かに人員や物資の輸送能力は、通常のヘリとは比べ物にならない程だと実感しました。

また、むき出しの配線や配管は、機械好きな者にとってはたまりませんね(*^^*)

それにしても、あれほどまでに悪く騒がれているオスプレイの周りに多くの人で大混雑していたのには驚きでした。

ええ~っ!そんなに人気があるの?
まぁ、いい意味でも、悪い意味でもそれほど注目されている証拠なんですね。

ヘリと飛行機の機能を兼ね備えた最新鋭の飛行機。
そのうちに民間にもフィードバックされて、これからの時代の乗り物だと思うのですが、もしもこれが民間専用に開発された飛行機だったらこんなにも騒がれることはなかったのだろうか?

ホントに社会は難しいものですね。

モーターファン・フェスタ

カスタムカー&スーパーカー

広い会場の一角にはクルマの展示もありました。

県内のクルマ愛好家らの思い思いにカスタムされたクルマ、高級スポーツカーなどの自慢の愛車が勢揃いしてました。

中でもこのランボルギーニ・アヴェンタドールは最近は様々なイベントで引っ張りダコになっているのか、よく見かけるようになりました。

オーナーさんもとても若い方のようで、あちらこちらのイベント会場であの独特なランボのエンジンサウンドを聞かせてくれています。

それにしても、何をしたらあの若さでこんな高級スポーツカーを所有できるのか、不思議です。自分も是非あやからせて欲しいものですw

ということで、レポートというには程遠い、簡単な記録になりましたが、その他の様子はとりあえず動画にまとめてみましたので、よろしければそちらの方もご覧ください(*^^*)

それではまた今度お会いしましょう
じゃぁ(@^^)/~~~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク