廃材を利用してレザークラフトに使う道具を自作する / 革の接着作業に威力抜群♪

千枚通し(改)サンディングスティック
ファイルNo lc-20210403-24

——-☆

レザークラフトで革を接着するときに接着強度を上げるため
接着面を荒らす場合があります。

大体そんな場合は革包丁やカッターナイフの刃を立てて
削るように接着面を荒らすことが多いと思います。

それはそれで多くの達人たちもやっていることなので
技法として特に問題はないのでしょう♪

自分も必要な時は同じような作業を繰り返していました。

でも…w

このやり方で肝心の革包丁とかカッターナイフの刃先は
大丈夫なのかな?

「切れ味に影響なないのだろうか」等々

時々そんなことが気になったりもするんだけど…w

まぁ~!それは置いといてw

とある日、手持無沙汰で作業机に座り
何気にジャンクパーツの入った箱をボーっと
呆けなら眺めていると

針先が無くなった千枚通しの残骸が目に入った
「これって何かに利用できないかな」なんて考えていると

そうだ、これで例の接着面荒らしの
お助け道具を作ってみようと頭の中で閃いた

どうせ暇だし早速やってみようということで
すぐさま行動に移して作ったのがタイトル画像の道具だ!

名付けて
サンディングスティック

スポンサーリンク

改造メモ

刃先が無くなった千枚通し

折れたというよりも以前何かの工作で刃先だけが欲しくて
故意に切取って利用した後の残骸!

分解!

廃棄処分したオーディオアンプの背面に使われていた
鉄板を取って置いたもの!

この鉄板から必要な部品を切り出した

必要な金属部品はたったこれだけw

この二つの部品をハンダ溶接する

溶接した小さな鉄板を少し折り曲げて
元の千枚通しの柄に再装着する

120番のサンドペーパーを切り出して
両面テープで張付ける

完成!

実際に使ってみると結構便利な道具だったので
レザークラフトツールのレギュラー入り決定!!

お気に入り道具の一つに加わった(^^♪

サンディングスティック/ 革の接着面を荒らす工具を作ってみました / tool making【レザークラフト】

レザークラフトの作品作りも楽しいけど
その道具作りもホントに楽しいです♪

それでは(@^^)/~~~

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSをチェック♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク