Macでスクリーンショットを撮る方法

scr-shot

画面を画像として保存したい場合に便利なスクリーンショット!

頻繁に利用するのなら、ショートカットコマンドも
すぐに覚えてしまうのだろうけど・・・

いつも、いざ使おうとするとコマンドを忘れてしまって
その度にヘルプやネットを参照するハメになってしまうので
ここに記録しておくことにした。

スポンサーリンク

Macでスクリーンショット

m_img 画面全体のスクリーン・ショット

Command + Shift + 3

デスクトップに
「スクリーンショット(2010-00-×× 00.×× .00)」という
日付時間付きファイル名の画像ファイル (PNG 形式) ができる。

目的のスクリーン・ショットが撮れたら、ファイル名を
適当に変更しておくとよい。

m_img 選択範囲のスクリーン・ショット

Command + Shift + 4

画面の一部分だけを
スクリーン・ショットとして切り出したい場合には
Command + Shift + 4 を押すとマウス・カーソルが十字形になる。

そこで、スクリーン・ショットとして保存したい
領域をドラッグすれば自動的に「スクリーンショット #.png」
というファイルがデスクトップに作られる。

m_img 選択ウィンドウのスクリーン・ショット

Command + Shift + 4 + SPACE

ウィンドウのスクリーン・ショットをとる場合は、
Command + Shift + 4 + SPACEでマウス・カーソルが
カメラ型になる。

スクリーン・ショットとして保存したいウィンドウに
カメラ型のカーソルをあわせてクリックすると自動的に
デスクトップに保存される。

m_img スクリーン・ショットをクリップ・ボードに保存する

撮ったスクリーン・ショットをデスクトップににいきなり
保存するのではなく一旦クリップ・ボードに取込みたい場合、

先のショートカットに Control を組み合わせる。

例えば、画面全体のスクリーン・ショットを
クリップ・ボードに保存するには

Command + Control + Shift + 3 

クリップ・ボードに保存したスクリーン・ショットは
適当なアプリケーション (画像編集ソフト etc…) で

編集 > 貼付け または Command + v 

で、ペーストして利用する事ができる

m_img Macの標準アプリ「グラブ」を使う

th_screen2

スクリーンショットコマンドは、魔法の呪文のようで
なかなか覚え難いし、すぐに忘れてしまう。
そんな場合は、Macに標準で装備されているアプリの
グラブを使うという手もある。

環境設定で、マウスカーソルの種類を指定してカーソルも
同時に取り込めるので便利だ。

取り込むスクリーンショットの保存形式は「tiff」になる

m_img プレビューのスクリーンショット機能を使う

普段、何気に使っているMac標準のファイル閲覧ソプト「プレビュー」に
意外にも便利なスクリーンショット機能が装備されている。

th_screen

あまり使わないでいるとすぐに忘れてしまう呪文のようなコマンドも
覚える必要がないし、アプリケーションフォルダの奥底にしまってある
グラブをわざわざ探しにいく必要も無い。

いつもよく使っているアプリなのですぐに使えてとても便利!
様々な保存形式が選択出来るのもありがたい機能だ。

——————————————-

PC環境

iMac
Mac OSX 10.6.2 Snow Leopard

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク