激安中華アクションカメラCrosstourCT7000を買ってみました!その実力は…

アクションカメラGoProにはまったく手が届かずに、半ば諦めかけていたところ、とあるユーチューバーさんがGoProと激安中華アクションカメラの比較をされているレビュー動画を見てしまいました。

そこでは、数万円台のGoProとわずか3000円台の中国製のアクションカメラで様々な角度から比較されていました。

数万円もするGoProや値段が最低でも3~4倍以上の製品と比較したら、勿論、画質も性能も劣っているのは当然ですよね…この値段ですから。しかし画質や性能は値段なり(おもちゃ並み)となっていても、遊びに使いたい初心者の自分には十分役に立つアクションカメラだと感じました。

また、高額なものだと気を使ってしまい、かえって自分にはちょっと使いづらいだろうということで値段も手頃でちょっとやそっと傷つけようがあまり気にならないということも気に入った理由のひとつでした。

そこで速攻で、アマゾンで探し出して迷わずポッチってしまいました(^^♪

スポンサーリンク

届いたアクションカメラ

Crosstour CT7000

数日して届いた箱を開けてみるとあまりの小ささと軽くてオモチャっぽいチープさには多少戸惑いましたが、スポーツシーンや身につけてハードに動き回る場面で使うアクションカメラだということで、この小ささと軽さがいいのだろうと自分を納得させました。

自分は、愛車ミニのドライブシーンなどを撮りたくて購入しましたが、アクションカメラ初心者の自分としては、しばらくの間はこれで十分だと思います。

またこのカメラのWIFI機能は、とても便利!
離れたところからスマホで操作ができるし、防犯や監視カメラとしても使えます。

しかし、自分のスマホではなぜか使えませんでしたが
古いiPhoneとiPadで使えたので良しとしました。

もしも購入を検討される場合は、現在のお使いの自分のスマホで利用できるのか調べてみたほうがいいですね。

それと、タイムプラスの撮影機能などもあるようなので今後使いながらその機能を試していきたいと思います。

さて、届いたその日に開封の儀の様子を撮影してみました。
よろしければご覧になってみて下さい。

初めて、声出しで解説も入れてみたのですが、店内で流れていたBGMがYouTubeで著作権の問題に触れてしまったので、音声をカットして再アップしました。

せっかく勇気を出して、頑張ったのに残念ですw
※ 内心ホッとしている自分がいる💦

でも、そんなこともあるんですねwww
BGMの流れたところでのYouTube動画の撮影は気をつけなきゃですね。
さすがに外国産だけに特に洋楽にはシビアに反応するようです。

こちらは実際に撮影してみたテスト動画です。

画質は、YouTubeでよく見られるようなアクションカメラの映像というよりも、安物のWEBカメラに近いように感じます。

動画では、ドライブレコーダーのように使ってみました。
さすがに本格的なドラレコと比べると夜間は画像が暗く感じますが
このお値段にして、それも当然ですよね(^^♪

しかしながら、個人的にはよく撮れているほうではないかと思います。

それでも、激安ながらもインターバル録画や、タイムラプス、WiFiコントロール、水中撮影、多めのアタッチメントなどで値段の割にはお買い得感満載な、かなり使えるカメラだと思います。

オンシーズンのこの季節、これから海や山、ドライブに
出かけるのが楽しみになりました(^^♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク