mini / アロイガスキャップの腐食が止まらない‼→再三のリペアで途方に暮れる

コンニチワ(✿✪‿✪。)ノ

前回のシガーソケットに続き、今回もミニに関するパーツの再補修ネタです(-_-;)

トップ画像でご覧のように、アロイガスキャップカバーが
またまた腐食してしまいました。

これって、アルミダイキャスト特有のサビだと思うのですが…!

以前にも、同じようなことになってあれだけ頑張って対策してあったつもりなのに
その甲斐もなく再びサビてしまいました。

今年の2月に新品に交換したアロイガスキャップカバーは わずか3か月足らずであの美しかった輝...

もうガッカリですよ~(-_-メ)

洗車したら、綺麗になってくれるのならまだいいのだけど
ここだけ汚いのは、見た目にもやはり気分が悪いです。

でも、嘆いてばかりでは何にもならないので、やはりキレイしてあげるしかないですね。

スポンサーリンク

リペア・メイキング

まずは、新品時の状態と比較

最初はあんなにキレイだったのに…!!
こんな状態になるなんて想像もしなかったさぁ~(怒)

やっぱり安物に飛びついたのが運の尽きってことですかね。

今回キレイにしても、どうせまたすぐにサビるだろうと思うと「やってもしょうがないな~」なんて、もう心折れそうだよ(‘Д’)

まぁ~でも、再三再四の作業にうんざりしながらもう一度頑張ってみました。

一応こんな感じになりました♪

メイキングは、動画にしましたので
お暇があれば、どうぞご覧ください。

youtube:mini|腐食したアロイガスキャップカバーのリペア(補修)

mini|腐食したアロイガスキャップカバーのリペア(補修)

ところで、他にもこのような モンツァタイプ というのがあるようだけど

これって、どうなんだろうね。

見た目には、クロムメッキされていて輝きは長持ちしそうだけど…!

同じように、しばらくしたらサビてしまうのだろうか?
これ付けてるオーナーさんにお伺いしてみたいです。

もしも、いいものであれば、買い換えてもいいかな…

はっきりいって、このタイプのパーツってミニの性能向上などには
全く関係のない、ただ見た目だけのお飾りなんだよね。

純正のガスキャップもシンプルでとてもいい感じなので、別に必要ないといえばそれまでだけど、個人的には、昔のレーシングカーっぽいイメージのガスキャップがお気に入りなので、やはり外せません(*^^*)

でも何度も同じ作業はやっぱりしんどいわ💦

それでは今回はこの辺で…!
@ivy_marcos32

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク