菱ギリと丸ギリを買ったお話|プロのレベルに一歩近づける?【レザークラフト】

菱ギリ・丸ギリ

久しぶりにレザークラフト専用工具の菱ギリと丸ギリを購入してみた。

単に興味本位で始めたレザークラフトだったので専用工具を揃える必要はないだろうと
今まではその辺の使えそうな道具で代用したり、ないものは自作して作業していたけれど
さすがにここまでのめり込んでしまっては専用工具も欲しくなってきました。

そこでとりあえずは、ネットの作例で達人たちがこれは絶対に必要だと絶賛している
菱ギリを買ってみることにしました。

当初は菱ギリだけが欲しかったけど…
折角遠出して遠方のショップまで行ったことだしそれだけを買って帰るのも
忍びないな~なんて思い
値段的もそんなに負担にならない丸ギリもついでに買ってみました。

スポンサーリンク

レビュー

菱ギリのほうは先が細く根元が太くなる剣状のタイプになってます
このタイプを何と呼ぶのか忘れてしまいましたが、縫い穴の大きさを
刺しこみ加減で調整するようになっているようですね。

なれない自分には調整がちょっと難しいかもwww

今まで代用して使ってモノがコレ↓

三角針を自作のホルダーに取付けて菱目打ちでは開けられない箇所の
縫い穴をあけていました。

これはこれで大変重宝してましたが、厚くて硬い革には使い辛かったw

しかしさすがは専用道具!
持ち手も太く手の中にしっかりホールドできるので
正確に縫い穴をあけることができました。

角度を変えれば、ヨーロッパ目打ちのような斜め一列の縫い穴加工も簡単!

しかも菱目打ちのような大きな打音も無いので夜間も安眠妨害を気にすることなく
作業ができます。

ただ縫い穴の一目一目を手作業であけるという難儀さはあるけど
自分は全く苦にならなかったです。

それよりも思い通りの縫い穴があけられたことの喜びのほうが大きかったかな~♪

これは今後の作業で必須アイテムになりそうですね(^^♪

さて丸ギリはと言うと…

用途的には型紙のラインをけがいたり
革の張り合わせの位置の目印を付けたりと使い道は様々だけど
必ずしも専用の道具が必要というわけでもないと思っていました。

そこで今までは、千枚通しや家の裁縫箱に入っていた目打ちとか、上の画像のように
折れた縫い針をピンホルダーに取付けて使ってたけど…w

しかしこれもやっぱり専用工具ですね
針の長さが絶妙だし、持ち手が太くしっかり手になじむので
ケガキ作業にも使いやすく厚めの革も楽々貫通させることができます

これはこれであるととても便利な道具ですね♪

しかしながら…
この丸ギリは残念ながら初期不良品でした。

革に穴をあけるために数回差し込んだところ針が柄から
すっぽりと抜けてしまいましたw

返品交換も頭をよぎったけど、この為だけに遠くのショップに行くのも面倒だし
針の長さをもう少し短い方が使いやすいかもって思っていたので逆に好都合!

この機会に針の長さを短くしてさらに使いやすい
丸ギリに改造することができました。

針を引き抜く手間が省けてよかったです(^^♪

刃先カバーの製作

道具を新調したので早速これを使って何かを作ってみたいと思い
とりあえず簡単にサクッと出来そうな刃先のカバーを作ってみました。

他の道具用にも色々と作ったけどどれもワンパターンな
作りになってしまいました(*^^*)

製作工程などは動画にまとめましたので
参考までにこちらにも掲載しておきます。

【レビュー】菱ギリと丸ギリを買いました!初めて使ってみた感想など|レザークラフト

それでは(@^^)/~~~
ivy32

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク