ミニ復活|尋常ではなかった故障の原因に思わず絶句!!

この夏に故障し、これまでの数か月間眠っていたミニが
やっと復活しました!(^^)!

こんにちわ(✿✪‿✪。)ノ

前回の記事では、やっとミニの修理が始まったと書きましたね

長いあいだ修理の順番を待たされましたが、修理開始後は
わずか3日で修理完了し、ミニが帰ってきました♪

さすがプロショップですね
ミニに精通してチャチャと進めて、こんなにも早く帰してくれて
ほんとに嬉しいです。

長い順番待ちは、それだけ人気というか皆さんから信頼されている
証なのかもしれませんね♪

早速、近所をグルっと試運転に出掛けてみました。

おお~!
エンジン絶好調♪
やっぱりミニのドライブは楽しいね(^^♪

故障以前よりも軽快に走ってくれたのは気のせいなのかな?
エンジンは快適に回ってるし、アイドリングも安定しているし
もしかして、キャブも少しいじってくれたのかなって思うほどです。

うちのカミさんも
「ガスの排気臭も少なくなっているし、何か少し感じが違っている」
なんて言ってました。

そういえば、前回のクラッチレリーズオーバーホールで確認できなかった
クラッチの調子も絶好調です。

チャンと直ってくれてたんですね、ヨカッタ~♪

参考動画はこちら:クラッチレリーズオーバーホール(YouTube)

スポンサーリンク

故障の原因

さて今回の故障の原因ですが…ショップからの報告に青ざめてしまいました。

修理に出して翌日、今回お世話になっている
知名モータースさんから早速に電話がありました。

電話口で「最近クラッチ関係の修理をしましたか?」と尋ねられたので
ちょうど、その前にクラッチレリーズからのオイル漏れでオーバーホールを
したところだったので、その旨伝えると

「イヤそうじゃなくて、クラッチ板の交換とか取外しをしましたか?」
というので、4年前の車検時に思いがけない経緯でクラッチ板を
交換してもらったことがあると話しました。

すると、とにかくひどい状態で、そのまま修理を進めることができないので
どうするのかオーナーである自分に判断してもらいたいと
呼び出しを受けてしまいました。

そしてすぐにショップに急行し
説明を受けて愕然としてしまいましたwww

既にフライホイールなどのパーツは取り外されていました。

そして見せられたのがこのフライホイールボルト‼

何ですかこれはwww
もう言葉を失いますよね!

隣にあるのが正常なフライホイールボルトですが
ボルトを入れやすくするために先っぽをサンダーで荒削りしたように見えます。

そしてネジ山をなめるほどに無理やりねじ込んだって感じです。

明らかに人為的で
フライホイルの取付不良です。

そんな取付不良によるガタ付きで、フライホイールキーワッシャーも
ずたずたに引き裂かれてしまっています。

このズタズタになったキーによってフライホイールが空回りするため
セルモーターを回してもエンジンをクランクしなかったのです。

フライホイールキーの出っ張り部分(右側の正常な部品)は平行に見えるけど
若干オフセットされていて、取付けには正確な向きがあるそうです。

たまに、これを間違って取り付けられて破損する場合があるそうだけど
ここまでひどいのは初めて見たとショップの方も驚くほどです。

その取付不良のガタ付きで、一見新しく見える奥にあるクラッチ板も
使用不能になり、たまたま在庫していた手前の中古のクラッチ板を使って
対応してもらえることになりました。

クランクシャフトの損傷

そして、深刻なのがこのクランクシャフトwww

取付不良はクランクシャフトに大きな影響を与えてしまってます。

本来テーパー状になっているフライホイール取付部分は削られてしまって
切り欠き部分に欠けも見られます。

これは正常に各部品を取付けられるのかわからない状態になってるそうで
クランクシャフトの交換、オーバーホールが必要かもしれないとのこと…

そこでショップの方は、そのまま部品を組み付けていいものか
判断に迷ったそうなのです。

オーバーホールとなると費用は5~60万円オーバー
それよりは、エンジン載せ替えのほうがまだ費用は抑えられる
とも言っていました。

しかしそんな費用をすぐに用意できるはずもなく…www

もしかすると、時間が経てばまた同じ症状が出るかもしれないし
保証はできないと言っていたけど…

もうその時はその時だと覚悟を決めて
とりあえず、そのまま修理、部品の組付けで続行してみることにしました。

さらに先程の、フライホイールボルトの状態からして
クランクシャフト側のネジ山も怪しいwww

しかしそこはさすがのプロ!

クランクシャフトのネジ山にタップを切って何とか修正し
しっかり取り付けることに成功したそうです。

いや~!ほんとに直ってよかった~~!

もしそこが、ダメだったらアウトwww
クランクシャフト交換オーバーホール
またはエンジン載せ替えの大惨事だっただけに
ホッと胸をなでおろしました。

まとめ

元気になって戻ってきた相棒

いつまた同じ症状が出るかもしれないという爆弾を抱えてしまったけど
とにかく直ってヨカッタです。

しかし、さすがにミニを良く知っている経験豊富なショップですよね
運よく必要な部品も全て在庫していたし、的確に対処してもらえたのは
本当に素晴らしい。

ショップに修理を依頼したのは、車検以外では今回が初めてでした。

以前、ミニをお任せしていたショップに突然裏切られて以来
ショップの人間が信用できなくなってしまい、できるだけミニのメンテナンスは
DIY整備で楽しみつつ行っていました。

でも今回の件では、やはりDIYもいいけどプロショップとのお付き合いも
今後は大事だなと実感させられました。

しかし、ミニを知らない人にミニをいじらすのは絶対にやめた方がいい!

4年前、あの事件が起こったとき成り行き上やむを得ないと思ったけど
「絶対に壊されてしまうから、引き取ってミニを分かるショップに
持って行った方がいい」と助言した方の言葉が今更ながらに心に沁みます。

もしも、あの時の件が原因だったとしても「あれは事故だった」と
責める気はないけど、あの時の自分の冷静さを欠いた甘い判断が
非常に悔やまれます。

そうそう、ところで今回の気になる修理費用は
ジャスト4万円!

良心的な料金で、ホントに助かりました(^^♪

YouTube動画

動画にもまとめてみました
お時間があればご覧になってみて下さい。

ミニ復活!故障の原因は尋常ではなかったwww

それでは今回はこの辺で…
ミニのドライブには今が絶好の季節
増々ミニを楽しもうと思います。

(@^^)/~~~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク