ZhiyunSmooth4|初めてのスマホスタビ(ジンバル)撮影で分かった3つのこと

季節はもうすっかり秋めいてきましたね。
何をするにしても、気持ち良くて体もよく動きます。

こんな時には、家の修理とかクルマのメンテナンスとか体を動かす作業など、やるべきことはすぐにでもやっておかないと勿体ないですよね。

愛車のミニにも優しい季節になって、エアコンのないミニでも気持ちよくドライブができるので、今のうちに思う存分乗り回したいところです(*^^*)

ハイサイこんにちは(✿✪‿✪。)ノ

ところで、ジンバルって知ってますか~
知らない人にとっては「なにそれ!」って感じですよね。

実は自分も最近知ったのですが、ジンバルってのは、ビデオカメラなどで撮影する場合に手振れを軽減させるスタビライザーのことだけど…※総称してそれの全部を指しているのかはわかりません

あの映画やドラマなどで、シーンがスーッと滑らかに動くような動画が撮れるってヤツで、その界隈では、ヌルヌル動画といわれているようです♪

ビデオを撮りながら歩いたり、ターゲットに近づいて行ったりと動きながら撮影すると、どうしてもカメラがブレてガタガタした映像になってしまいます。

それはそれで、今までは素人だから仕方ないかと別に気にもしませんでしたが、ネットでそのスタビ(ジンバル)の存在を知り、さらにユーチューブでアップされている様々なレビュー動画を観て、自分にもこんな素敵な動画が撮れるなら欲しいな~なんて思っていました。

でもその時は、すぐに飛びつけるようなお値段ではなかったので、ためらっていたんですが、最近スマホ用ジンバルがお手頃価格で数多く出回っているのを知って、やっぱりどうしても欲しくなってしまい、数か月前に遂にネットでポチッてしまいました。

スポンサーリンク

初めてのジンバル撮影

ところが、せっかく購入したスマホスタビライザー(ジンバル)だけど、あれからなかなか使うチャンスがなくて置きっぱなしになっていました。

ジンバルが届いた時には、すぐにでも使いたいとワクワクしてその辺を試し撮りしてみたりと色々といじり回して、撮影に行ける日を楽しみにして置いてあったのですが、随分と時間がたってしまい、やがて腐らしてしまうところでしたよ~(;^_^A

いつも気にはなってたんだけど、先日やっとジンバルを持ち出して近くの公園で撮影してみることが出来ました。

使い勝手をまだ全く把握していなかったので、かなり戸惑ってしまいましたが、下手ながらもやはり手持ちの撮影とは全然違う動画が撮れたので、それなりに感動しました。

お散歩白川公園

ウィンドーズのムービーメーカーで編集してユーチューブにアップしてみました。
※一部Mac使用
かなりプライベートな内容ですが、よかったらご覧ください。

ジンバルでプロっぽい動画に挑戦…なんてねwww

全然プロっぽくはないけど、歩きながらの撮影でガクガクしなくなっただけでも見やすい映像になりました。

これだけでも、家族は喜んでくれそうです。

まだまだ、練習が必要ですが、撮影も編集もすごく面白い♪
思わずハマってしまいそうです(^^♪

ということで、初めて使ってみて分かったことを少し書いておきます。

ジンバルで初めての撮影と動画編集

初めてのジンバルで分かったこと

①アプリが合わない

購入前に、このジンバル用のアプリが今使っているアンドロイドスマホ(AQUOS)にも対応しているのか調べてみると、口コミ評価の中で、AQUOSで使用しているという内容の投稿を見たので安心して購入したけど、残念ながら自分が使っているAQUOS SH-L02には合いませんでした。

きっと、口コミ投稿者のAQUOSは別の機種だったんですねwww

まぁ、いろんなレビューを見てみると、このアプリはIOSとAndroidの両方に対応しているけど、合う機種もあれば、合わない機種もあり、たとえ合っていても一部機能が使えなかったりエラーになったりと、かなり不安定なので当てにしない方がいいと皆さん口をそろえて言っていたので、覚悟はしていましたが…www

それにしても自分のスマホには、全く使えないのはとても残念です。

特にこのアプリの機能にある、ターゲットの自動追尾や、あの映画でよく見るターゲットの背景だけがズームしたり、その逆で背景はそのままでターゲットだけがズームする眩暈(めまい)を表現したかのような迫力のドリーズームが使えないのはガッカリです。

レビュー動画では、ほとんどがiPhoneを使っているようなので、IOSに特化したアプリだと考えた方がよさそうですね。

②アプリ無しでも撮影OK

では、アプリが自分のスマホに合わないからといって、このジンバルが使い物にならないのかというと、そんなことはありませんでした。

確かにアプリが使えないのはちょっと不便だけど、ジンバルだけの機能でもスタビライザーとしての役割は十分に果たせました。

ジンバル本体の機能として、しっかり水平を保ってくれますし
パンやチルト、スマホのロックなど普段の撮影には何の問題もありません。

ただしズームなどの操作は、出来ないことはないけどやはり困難です。

スマホ自体を触ってしまうので、そのショックでどうしても
撮影シーンに影響がでてしまいます。

どうしてもズームしたい場合は自ら寄っていくか
離れていくか、した方がよさそうです。

しかし、スマホに触れずにジンバル本体側で、録画開始ボタンや
写真のシャッターボタンが押せる機能が使えないのは辛いですね。

③Windows標準アプリで編集

動画の編集はWindows標準アプリのムービーメーカーでできました。

もちろんアドビ・プレミアのような凄いことが出来るわけではないけど、素人の自分が使う分には充分な機能を備えていました。

操作も簡単だし、撮った動画クリップもBGMも、ただポンポンと置いていくだけで一つの動画が完成してしまいます。

動画のトリミングも、ムービーメーカー内でできるみたいですが、なぜか自分の環境では反応しませんでした。

しかし、トリミングはこれも標準のフォトアプリで可能だったので、必要な場合はフォトで動画を開いて切取った動画クリップをムービーメーカーに差し込むという作業を行っています。

自分にとって、今はこれで十分ですがそのうちに慣れてきて、不足を感じてきたら、その時には他のソフトを検討してみようかと思います。

さらにWindows10には、他にも動画作成ソフトが標準で付属しているようなので、機会があれば試してみるのもいいかもですね(^^♪


スポンサーリンク


おしまいに

動画って楽しいね♪

今まで、ずっとブログに載せる写真ばかりに気を取られていて、動画のことはほとんど気にしてなかったな~(しみじみ)。

まぁスライドショーのようなものはたまに作っていたけど…www

いつの日か「V-Log]という新しいジャンルがあって動画でブログのように日々の出来事などを記録して動画サイトなどにアップしている人たちの存在を知ったのが運の尽き

「えっ!これなら面白そうだし、自分にもできそう」なんて思ったもんだから、どっぷりハマりそうです(*^^*)

これをユーチューバーっていうのか知らないけど…

そもそもユーチューバーは面白い映像を撮ったり作ったりしているエンターテナーみたいな人たちばかりで、自分には関係のない世界だと思っていましたが、いざこうやって動画を作ってみるとこれがまたとても面白い!

言葉や文章では伝えにくいことも
動く絵を見れば一発で伝わるのってのがいいね!

極端な話だけど、言葉や文章なんて要らない…
映像を見ればわかるっ!ってことも有りうるよね
実際にそうやって、撮りっぱなしの動画を上げている人もいるしwww

もともと、カメラやこのようなガシェット関係は
好きだったのでなおさらです(*^^*)

ということで、これからはブログも動画も連携して
日々の記録を楽しんでいこうと思います。

おっと!忘れるところだったwww

Windows10には、ムービーメーカーは付属してないし、サポートも終了!
更には、その後も「それでも使いたい方」向けに続いていたダウンロードサイトももう完全に終了してしまったようですね。

まだまだ需要が大きいだけに、探せばダウンロードができるサイトもあるようですが、要らないソフトの付属やウイルスなど、いろいろと問題がありそうでおススメできないそうです。

調べてみると、有料ではありますが以下の動画ソフトがかなり評判がよくて使えそうなので検討してみる価値はありそうです。

まずは、無料体験版で試してみて、使っていけそうなら購入すればいいですし、今なら40%オフというのもありがたいですね。

GOMは一時期、データ流出などの大きな問題もありましたが今ではすっかり信用も回復しているようです。

でも、使う使わないは自己責任で決めて下さいね。
文句言われても責任は持てませんので、悪しからずご了承ください

以上、GOMの回し者でした…なんてね(嘘です)

それでは、今回はこの辺で…
最後までお付き合いありがとうございました。

じゃぁまたね(@^^)/~~~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク