iMacの画面が突然真っ黒に!前回の無償修理からちょうど3年でまた同じ故障

s-apple

iMac OSX snow leopard 10.6.8 クラッシュ

ショックですwww!!!
とうとうというか、ついに仕事でも使っている一番大切なメインのマシン iMac が逝ってしまいました。いつものように、普通に使っていると突然シャットダウンしたように、画面が真っ黒になってしまいました。

うわ~、なんだこれは!
いつも恐れていたことがとうとう現実になってしまった~www

気を落ち着かせて、よく見てみると・・・!

今は、ディスプレイが落ちているだけで実際にはシャットダウンしているわけではないようだ。しかし、まったく操作不能な状態になっているので編集の途中だったデータの保存などもできそうにありません。

まぁ、それほど編集作業を進めていたわけではなかったので、データは即あきらめて、そんなことよりも心配なのは、これからどうなるんだろうと、こっちのほう気が気でならない!

でも、これは突然に何かの一時的なエラーなのかもしれないし、もしかしたら再起動で元に戻っているはず、いや戻っていてくれと一縷の望みをかけて電源ボタンを長押しで強制終了してから、もう一度起動させてみた。

すると、画面も元の状態で普通に立ち上がってくれたではないか!

おぉ、やっぱりただのエラーだったんだ~
ヨカッタ~と胸を撫でおろすような気持でした♪

・・・と安心したのもつかの間www

ブラウザーを開いて、ネットにつないでみようとすると・・・!

今度は突然、下の画像の状態に・・・www

s-DSCN4910 (2)

ガチョ~ンwww
なんですか~こりわ~~!ぬか喜びだったぜ・・・(ノД`)・゜・。

ほ、ほんとかよ~、ということでもう一度、再起動を試してみても、下の画像のような状態で、もう何度やっても結果は同じでした。ディスプレイは完全に砂嵐、どうやらまたグラフィックカードがダメになったようですね~!

まいったなぁ~www

s-DSCN4909 (2)

以前まったく同じ症状で故障したときに、グラフィックカードの無償修理からちょうど3年目の、再故障です。たったの3年で壊れるなんて、こんなのってあり?

まぁ~、この型番自体が最初から不具合ありで、アップルストアーも無償修理をしていたわけだし、ハズレだったのかもしれませんね。

先日の朝、出勤していつものように仕事用のiMacを立ち上げてみたところ、オープニング画面にい...

今回は、もちろん無償修理ってわけにはいかないはずですよね。
前回にも書いたように、Macの修理って結構なお値段なんだよね~
もうOSもだいぶ古くてサポートも終了しているし、買い替えを考えたほうがいいのかな。

はぁ~、また思わぬ大枚が飛んでいくさぁ~www!

待てよ!それとも、グラフィックカードを手に入れてDIY修理してみようか・・・!
まぁ~とりあえず、もう少し検討してみます。

スポンサーリンク

話は変わって

そういえば、iMacが壊れるその前日には、突然サーバーとして使っているMac-miniがネットにつながらなくなった。で、その原因の追究にはずいぶん苦労させられました。あれやこれやと、ネットワーク設定の見直し、ルーター設定の点検と再起動などに時間をとられ、それでもまったく原因を掴めずに途方に暮れていたら・・・!

なんと、LANケーブル用のハブでホコリによるただの接触不良でした。

s-DSCN4911 (2)

原因が分かったときは、ホッとしたけど、ほんとにパソコンって、ハード、ソフトの両面から面倒を見ないといけないので大変です。

もう、いつもパソコンには、振り回されっぱなしって感じwww
チョット、うんざりしてきましたよ~(;^_^A

それにしても、今年は本当についてない

年の初めには、電気温水器の故障から始まって、さらに老朽化による家の全水道管の改修工事、愛車ミニの車検時の思わぬトラブルによる大騒動!先週は家のクーラー故障で買い替え、そして今回のiMacと高額な出費が重なって・・・www

もう、大変なってるさぁ~!!
どうするかね~

ということで・・・
貧乏に追い打ちをかけられるIVYでした(;^_^A

それでは今回はこの辺で・・・
じゃぁ~またね~バイバイ(@^^)/~~~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


スポンサーリンク